ローヤルゼリー情報局

前へ
次へ

ローヤルゼリーに含まれるビオプテリンとは

様々な栄養成分をもつ健康食品ローヤルゼリーですが、その栄養成分のなかにはローヤルゼリーにしか含まれていない、希少なものもあります。

それが、ビオプテリンです。
ビオプリテンとは補酵素と呼ばれるもので、ローヤルゼリーにしか含まれていない特有の成分となっています。

酵素は人の生命活動には絶対に必要なもので、その酵素の働きを補うものが補酵素です。
酵素はたんぱく質で構成されていて、補酵素はそれ以外の成分で構成されています、その構成要素の中心はビタミン類となっています。

ビオプテリンは1975年にノーベル賞受賞者でもある、プテナント博士により発見されました。

ローヤルゼリーの摂取により、ビオプリテンが体に発揮してくれる健康効果は、アンチエイジングと美肌効果です。

ビオプテリンには老化の原因物質でもある活性酸素を抑制する、抗酸化作用があります。酸素を吸えば必ずつくられるもので、体内の細菌などを除去するという免疫機能など、非常に重要な働きをもっています。
しかし、増えすぎてしまうことで体内の細胞を酸化させてしまい、それにより細胞が老化し、シミやソバカスなどができてしまいます。

本来、体の中には余分な活性酸素を除去する、抗酸化作用というものが備わっていて、その抗酸化作用が活性酸素の量をコントロールしてくれます。

しかし、加齢によりその抗酸化作用の働きが弱体化してしまい、活性酸素の量が増えて、細胞が徐々に酸化することで、老化してしまうのです。

ローヤルゼリーに含まれるビオプテリンには、抗酸化作用を活性化させる働きがあり、老化を防止し、シミやソバカスのない美肌を維持してくれるのです。

さらに、ビオプテリンにはアンチエイジングと美肌以外にも、ドーパミンと呼ばれる神経伝達物質に働きかけて、やる気や積極性をだしてくれる効果もあります。

つまり、若々しくて活動的な体づくりをサポートしてくれる、とてもありがたい成分なのです。

ローヤルゼリーにしか存在しないビオプテリンの健康効果を、ローヤルゼリーの摂取という手軽な健康習慣で、あなたも手にいれてみてはいかがでしょう。

ページのトップへ戻る